家の間取りを考える研究会愛知支部。

家を建てる時にかなり重要になってくるのが、家の間取りです。
家の間取りによって家の感じだけでなく、住み心地もかなり変わってきます。

間取りを失敗する

ですが、意外と多くの方が家の間取りを甘く見ている節があります。
例えば、家の間取りで大事になってくるのが同じ規模の家でも間取りを失敗すると家が途端に狭く感じるとか、暖房や冷房の効きが極端に変わって省エネ度にも違いが出来てしまいます。

なるべくオープン

日本家屋はアメリカの家みたいに広くはないのでどうしても狭く感じます。ですが、その狭い土地に建てた家でも間取りの工夫次第で広く使えます。
それはアメリカの家を見ても分かりますが、なるべくオープンな間取りです。

オープンな間取りにすると部屋が広く見えるだけでなく、使いやすくなりますが、日本の家では昔から小さく間仕切りしてきたので、なかなか思い切ってオープンにできないという声をお聞きしますの

この研究会では、私の住んでいる愛知県刈谷市で家を建てる際の間取りを題材にしていきます。

注文住宅を建てる時に苦労したこと

注文住宅を建てる時に私が苦労したのはどのような家にするかというのが一番苦労しました。
なぜなら、注文住宅は自分が望む家で住めるというのがあるのですが、自分でどういう家にするか考える必要があってその考えをまとめるのに苦労したからです。

また、家族ともどういう家にするか考えないといけない点でも大変でした。

注文住宅で良かったと思えたこと

私が注文住宅で良いと思ったのはやはり個性がある家を建てる事ができた点です。
もし、注文住宅を建ててなかったら思ったような家になってなかったと思います。

特に私は前から建売住宅の没個性的な家をあまり良いと思ってなかっただけに、注文住宅を建てて良かったです。

注文住宅は高いが満足度は高い

注文住宅を建てる時に一番のネックになるのが建設費用が高くなることです。
ですが、私は建設費用が高くなっても注文住宅を建てて良かったと思いました。

それはやはり自分だけの家を建てる事ができたという満足感があったからです。
なので、費用は高くなりましたが注文住宅を建てて良かったと思いました。”

PR|童話 オーディオ  全身脱毛どこがいい
工務店向け集客ノウハウ
生命保険の選び方
クレジットカードの即日発行じゃけん
お家の見直ししま専科
英会話ノウハウ勉強会